<   2018年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大好きな先生

サクラも見頃を迎えていますね。

e0218249_13042662.jpeg


そんな中、小学校の離任式がありました。

ムスメが1、2年の担任の先生も異動されることになりました。


優しくて、可愛らしくて、ムスメも大好き。

異動の発表にショックを受けつつ、

「さみしいけど卒業までずっといてくれたから良かった。」

と、言っていました。

担任を離れても、声をかけてくれたり、

話を聞いてくれたそうで、

ムスメは、同じ学校にいてくださるだけで、

安心だったようです。



過去ブログにも書いたことがありますが、

小さなことでも、とてもよく褒めてくださる先生でした。


それも、

「えっ‼︎ そこって褒めポイントなん?」

と、思うような、

当たり前の日常や、親が気がつかないところを、

褒めてくださるのです。

嬉しいですよね。

そこ、見ていてくれてるんだって。


そういう人の側にいたいと思うことは、自然なことだったようで、

幼稚園では、登園させるのも苦労した時期があったけど、

「明日は、もっと褒めてもらいたい!」

と、小学校へどんどん足が向き、

気がつけば、出席停止以外は休まず登校。

これには、事情を知るママ友さんたちも驚いていた。

どっかでブレーキがかかるのではと、ビクビクしていたワタシは、恩人のように思っています。(笑)



先日、中学への準備のために、

学習机の引き出しを片付けていたところ、

奥の奥から、もう全部処分したと思っていた

一年生の時のテストやプリントが

圧縮状態で出てきました。

見ると、そこには、褒められたいとまじめに取り組むムスメと、それに優しく応える先生の光景がありました。

いつもだったら、「ちょっと、何けコレ」だけど、

今回は出てきてよかった。(笑)

大事に取っておきます。



自分を大きく見せようとすることもなく、

等身大で、素直に、子どもにも、保護者にも

接しておられた姿は、

とても好感が持てました。



そして、いつも感じていたことは、

「心」があるのです。


そんな、エピソードをひとつ。


ムスメが、二年生の時に、なぜか書き初めの県大会の代表に選ばれたとき、

今まで代表などご縁がなく、右往左往する母娘に、

「私、考えていることがあるんです。

お母さん、少し待っていただけますか?」

と。

しばらくして、持ち帰ったのは、

先生手作りの下敷きでした。

紙を置く場所、三文字に仕切られた目印、

裏には先生の似顔絵と、「ファイト!」の文字。

忙しい合間に作ってくださったのかなと思うと、

とてもとても温かい気持ちになりました。

なかなか出来ることではないですよね。

心があるからこそ、なんだと思います。

これは、今も宝物として大事に取ってあります。



この1、2年生があったから、この卒業がある。

やっぱり恩人です、先生。



六年間、温かいまなざしで見守ってくださって

ありがとうございました。

新天地でもご活躍をお祈りしております。



離任式も終わり、小学校の行事もすべて終了。

冷蔵庫に貼ってあった、学年だよりを(やっと)外しました。
だって離任式、忘れそうだったからさ…(^◇^;)


来週には、中学校の入学式。

ムスメもワタシも、新しい年度が始まります。

よしっ、心機一転です!



[PR]
by naminui77 | 2018-03-31 13:04 | くらし | Comments(0)

See you !

春はお別れの季節。

ムスメが通っていた英語クラブが

先生のお引越しに伴い、閉校することになりました。


町の小さな公民館の、こじんまりした英語クラブでしたが、

先生はオーストラリアの方で、奥様はアメリカ人のクォーターと、ネイティブスピーカーの英語に触れることが出来るとても恵まれた教室でした。

さほど身につかなかったのは、ザンネンでなりませんが。(-_-;)アー…

まぁ、いつの日か、役に立つでしょう。(笑)



最後の日も、

いつものように笑顔で交わす、

「See you!」


さめざめとした、お別れはありません。

まるで、来週もあるよ!くらいの自然な感じ。



いつかわからないけど、きっとまた会える。

だから、

「See you!」


e0218249_19094902.jpeg

どうぞ、お元気で!




*****

もうひとつの、See you。


ワタシは小さな子どもたちに囲まれてお仕事をしています。

先日、一番大きな子どもたちが、新しいステージへと

巣立っていきました。


小さな頃から、お世話してきたので、

特別な思いがあった子どもたち。

笑顔でエールを送るをモットーとしているワタシですが、

こらえきれませんでした。


旅立ちのことばで、

ワタシと活動したことを思い出だと言っている子たちがいて、

ダメだ、涙腺崩壊。

嬉しくて、感動して、胸がいっぱいになりました。

練習は見ていなかったから、全然知らなかった。

そんなふうに思っていてくれたんだ。



でも、

ちゃんと教えることが出来ていたのかなとか、

ワタシは何度も経験していることでも、

子どもたちは「初めて」だってことを

大切にしていたのかなと思うと、

自分の未熟さを痛感して、また泣けてきた。

頼りないなー。



本当に、

子どもたちから、教わることばっかりです。




子どもたちが歌ってくれた

「ドキドキドン 一年生」 忘れない。

歌詞にある

「誰でも最初は一年生 ドキドキするけど、ドンと行けー♪」


みんなそう、大人だってね。


最後はワタシらしく、

希望でいっぱいの子どもたちの旅立ちに

笑顔でエールを送りました。


がんばって!

でも、さみしくなったらいつでも遊びに来てね。

ワタシが会いたいから(笑)







[PR]
by naminui77 | 2018-03-25 03:52 | くらし

卒業式


小学校を卒業しました。


毎日、元気に小学校へ通えたことが、

一番ありがたいことです。



「卒業したくなーい。」って言っていたけど、

そのくらい楽しくてしょうがなかったそうですよ。



大好きな先生、仲間と過ごした時間は

かけがえのない宝物ですね。

ずっと忘れないでいてほしいな。



卒業おめでとう!


e0218249_14415449.jpeg



ムスメもワタシも涙はなし!

お別れというより、

子どもたちの新しい旅立ちを

明るく笑顔で祝福しました。




ムスメは、

いつも冷静で淡々としている先生が、

泣いておられたことに

「びっくら古今和歌集だ!」(←脳みそ夫さんね)

と、言っていました。

でも、そのお顔を見ていたら、

自分もたまらない気持ちになったので、

見ないように机に突っ伏したそうです。

人前で泣くの嫌いだからね。

こんな時くらい、

無理しなくてもよかったのにと、母は思います。




*****


卒業式では、

お世話になった担任の先生にサプライズで

お礼(兼ご結婚祝い)をしましょうと、

『母たちの卒業プロジェクト』が

水面下で始動していました。



お花屋さんが知り合いということで、

メンバーに召集される。


お花の調達と、色紙のラッピング担当しました。


e0218249_14520876.jpeg

ラッピングにどうしてもサクラを使いたくて、

グルーガンと造花で手作りしました。

楽しかったわー。

こういうことするの、やっぱり好きだわ(笑)




お花は、クラスの人数分、36束。

お花屋さんのご好意もあり、モリモリになる。


そして、こういうことになりました。↓

e0218249_15001917.jpeg


先生、埋まる。



ひとりひとり、花束渡して感動のシーンを想像していた母たちの期待は見事に裏切られましたが(笑)

みんな、とてもいい笑顔で、

後からみた動画には、

「面白かった、楽しかった」って

声が聞こえてきて、安心しました。


やはり、ドラマを作るのは子どもたちだね。



先生も、子どもたちも、

よい思い出になれば、母たちは嬉しいです。



たくさんのお花になってしまいましたが、

子どもたち、ひとりひとりだと思って

飾ってくだされば、幸いです。

花粉症が心配だけど (^_^;)


先生、二年間どうもありがとうございました。




クラスのみんなも、保護者の皆さまも、
とても協力してくださって、
スムーズに進みました。
本当にありがとうございました!

母プロのKさん、Kさん、Nさん、
召集ありがとうー。
楽しかったです!


6年3組、サイコー‼︎






[PR]
by naminui77 | 2018-03-17 20:03 | くらし | Comments(0)

卒業を前に

e0218249_18054321.jpeg

ランドセルでの登校の朝。

この姿を見るのも、最後になりました。

ランドセル、あんなに大きく見えたのにね (笑)

今は、むしろ小さく見える。



いよいよ、明日は小学校の卒業式です。

ほんとに?
実感わかない。



その前に、今日は、卒業アルバムや「あゆみ」などを

いただいてきました。

e0218249_18131593.jpeg

昨年に続き、今年度も年間元気賞!

いろいろあったけど(笑)、なんとか登校出来ました。

おそらく、皆勤賞の女神様が微笑んでくださったのだと思います。

本当にありがたいことです。





今どきの卒業アルバムは、写真が綺麗でびっくり!
(↑まず、そこ?)


1ページ、1ページ、見ていきましたが、

どんなに学校が楽しかったか伝わってくる写真ばかりでした。


卒業文集に寄せてくださった先生方のお話が

また良くって。

じんとした。


今はわからないかもしれないけど、

いつかきっと、心に響くはず。

力となって、支えてくれるはず。


素敵な言葉を贈ってくださり、

ありがとうございました。




明日は、

子どもたちの新たな旅立ちに

笑顔でエールを送りたいと思っています。



今日と違い、また冬の寒さになりそうですね。

暖かい格好で行かなきゃ。





[PR]
by naminui77 | 2018-03-15 22:18 | くらし

準備いろいろ

なかなか進まない中学校の入学準備。

なぜって、楽しくないからです。←おーい

制約があるからね、いろいろ…


幼稚園の準備は、楽しかったなぁ。
制服、可愛かったし。
バッグとか手作りしたり… (遠い目)



しかし、そんなことも言っていられないのです。

日は刻々と迫るので、

重い腰を上げ、いろいろ見てきましたよ。



制約の中でも、可愛いものを揃えたい母娘は

白の外履きはNBに。

e0218249_01110318.jpeg

コレはムスメも気に入った。

ワタシも気に入ったので、履いてみました。
なぜ履くー (千鳥ノブ風で)

e0218249_01195189.jpeg

「萎え」た画像で、スミマセン。

靴のサイズは、とうとうワタシと同じになりました。

成長したなー。 しみじみ


リュックやサブバッグも、気に入ったものが見つかって、とりあえず入学式はなんとかなりそうです。



卒業式の準備も。

卒服やカメラ、ビデオの準備などなど。

こちらは粛々と進む。 この差は何なんだ…



我が家の準備だけではなく、

お友達ママさんからお願いされた、

卒服のズボンの裾上げもしましたよ。

e0218249_02570510.jpeg

幼稚園の幼なじみ三人組、同じクラスのK君の卒服です。

K君、もうひとりSちゃんとムスメは、

幼稚園の二歳児さんのクラスから、ずっと一緒。

ママさんたちとも、大変な時期をお互い助け合って

乗り越えてきた間柄。

言わば、同志のような存在です。


子どもたちは、クラスが同じでも違っても、

何処かに幼なじみって意識があるんでしょうね。

友達とはまたちょっと違うというか。


一年生の時、帰り道にムスメがしばらくトラブルに巻き込まれていた時も、

親に何も言えなかったムスメに変わって教えてくれたのは、幼なじみの二人でした。


それぞれのママに、

「〇〇ちゃんがやられている。かわいそう。」

と、訴えたことから発覚。

それがなかったら、ずっとわからなかったかもしれない。


そんなこともあったから、

ズボンの裾上げなんて、お安い御用。

ワタシでよければ、どれだけでもいたしますわよ。

むしろ、「やらせろー」くらいだわ。(笑)




中学校も同じだから、母も子も、またお互い助け合いで、

よろしくお願いします。




[PR]
by naminui77 | 2018-03-12 02:17 | くらし
ムスメから、卒業に際し、
二年間、委員会でお世話になった保健の先生へ何かしたいと話がありました。

「色紙に寄せ書きがいいと思う!」

と、自分なりの構想があるよう。



そういえば、養護教諭をしている同級生が、

「担任じゃないから、(そういうセレモニー的な時)ちょっとさみしい時があるんだよ。」

と言っていたのを思い出し、

(やっぱり、そういう時はクラス担任にスポットが当たりがちだものね…)


「おぉっ、それは、いい考えだね!きっと喜ばれるよ。」と、盛り上がった。


しかし、引っ込み思案なムスメ、その後が進まない。

日頃、受け身な性格ゆえ、自分が中心になることが

不安なのです。

そのうちに、ひねくれて「出来ん、やめようかな」と言い出す始末。

ちょっとー、いつものパターンだよ、コレ……。 (-_-;)


そこで、

「する、しないは自分で決めればいいけど、

そこに『心』があったから、

そうしたいと思ったんじゃないの?」

とだけ伝えて、そっとしておいた。



すると、数日後に、

「やっぱり、あれやろうかな。」と、恥ずかしそうに言ってきたので、

よしっ、善は急げ!と、すかさず、100均へ走る。

物を用意すれば、もう逃げることは出来まい。




まずは、同じ委員の友だちに相談して、

協力してもらいながら、寄せ書き集め。

集まったものを、まとめて、仕上げる。

サクラの花の形に抜いた折り紙をデコる。↓

e0218249_06373435.jpeg

「可愛く出来た!」と仕上がりに満足気なお嬢。

でも、出来上がってほっとした方が大きかったみたい。

イニシアチブを取れるような子ではないのでね、

めいいっぱい、緊張していたと思います。

(ワタシもほっとした・笑)



後日、委員会のメンバー3人で、

保健の先生にお渡しすると、

「何十年もやっているけど、初めてもらった!嬉しい!」

と、とても喜んでくださったそうです。

よかった、よかった ♪( ´▽`) 大成功ー



帰って来てから、

「照れくさくて、くすぐったい気持ちになったけど、

喜んでもらえて嬉しかった。」

と、話してくれました。



やりきった、やってよかったという充実感。

協力してくれた友だちの有難さ。

そして、

「人に喜んでもらう」という幸せ。



いくつもの成功体験が積み重なって、

やがて、それが自信となり、

また次へと進む原動力となればと思います。


ひとつ、成長したかな。


おつかれさま、よくがんばりました 172.png





[PR]
by naminui77 | 2018-03-07 22:24 | くらし
三月になりました。

気温も上がりはじめ、少しずつ春めいてきましたね。



はい、

気持ちが春めいておられる方が、我が家にも。↓

e0218249_20520051.jpeg

来ました、ムスメのはじめてスマホ。

嬉しくて、楽しくて、夢中ですよ 。 (^-^;

着信音を何回も変えたり、

いくらSiriでも、ご迷惑じゃないかってくらい質問攻めにしたり、

いいオモチャです。(-_-;) あのー…


機種はiPhone SE。

コレ、ムスメの指には反応するのに、

ワタシには反応が鈍い。

何でけ?  アップルさん。カサカサやからけ? チェッ(¬_¬) ←からむ



まぁ、いくら楽しくても、

学ぶべきところはしっかりしないといけない。

親子で、絶賛勉強中です。

LINEも、ワタシと練習中。



そのLINE。

どういう仕組みか知らないけど、

制限をかけると時間外は、画面からアプリごと忽然と消えるんですね。

設定はすべて、夫に丸投げしていたので知らなかった。


ムスメに、「おかーさん、LINEが消えてる!」言われ、

「ギャッ、ホントだ!何で⁈ ∑(゚Д゚) 」

と、慌てる母娘。

Apple Storeで確認したり、yahoo!知恵袋を見たりしたけど、わからず…(-_-;)

↑でも、それ無駄な努力だった。


後で、夫に聞いたら、そういうことらしい。

画面からドロンしたら、そりゃ使えなくなる。

なるほど、原始的な方法だけど、一番効果的かもね。


で、時間がきたらまた復活。↓

e0218249_13232896.jpeg

あらまー、スゴイ。

また、ひとつ賢くなりました。

まだまだ母娘のスマホ迷走は続くけど…




ところで。

ムスメ、先月、漢検4級を受けました。

まだ、正式な結果は届いていないのですが、

WEB上では、「合格」。

小学生のうちに、4級はとっておきたいと言っていたので、目標を達成できてよかったです。

一足早く、サクラ咲く。

おめでとう!


次は、3級、準2級、2級…と、

母に追いつき、さっさと追い越していって欲しいものです。

ガンバレー!



画像は、ムスメ待ち中の某T大学構内で。


e0218249_14093839.jpeg

学生気分で、ずっと読書してました。

学びの場に来ると

ワタシも、また何か学びたくなります。

いいなぁ、学生さんたち。




[PR]
by naminui77 | 2018-03-02 14:25 | くらし

手しごとの記録


by naminui77