さくらさんの本

さくらももこさんの本と出会ったのは、

会社の同期が

「すごく面白いよー。」

と、貸してくれたのがきっかけでした。

それは、「もものかんづめ」。

爆笑に次ぐ爆笑。

自虐ネタや、ちょっと不謹慎な内容も

テンポのよさがあって、嫌味がない。

それ以来、すっかりさくらさんのファンになりました。


先日の訃報を聞き、

さくらさんの本を出してみました。

e0218249_16282753.jpeg

もしかしたら、もう少しあったかも。


旅シリーズも、ヒーヒー笑い泣きしながら読んだなー。

「富士山」に載っていた、さくらさんが実際に行かれた

京都の「ぎょくえん」のかき氷が食べたくて、

友達とお店を訪れたところ、

「かき氷は明日からです。」

と言われ、ずっこけたことも(笑)

「富山からわざわざ来たんです!

と食い下がったものの、

それはお気の毒に…という雰囲気であっさり断られました。

食い下がった自分がはずかしくなったわ (-_-;)


お店の方に、さくら先生のファンなんですという話をしたら、お店に来られた時の様子を話してくださいました。

来られた時は、さくらさんだとは全然わからなくて、

「なんや、大きいカメラを持ってはったんよー。」

と。

後日、出版社から、実はさくらももこさんで…ということだったそうですよ。

どんな方でしたか?とお聞きしたら、

「それがあまりにもさりげなくて、今でもどの方がさくらさんだったかわからない。先に聞いといたらなー」
と、笑っておっしゃっていました。

懐かしい、旅のよい思い出です。

(ぎょくえんさんは残念ながら閉店されました。)



ムスメは、「さるのこしかけ」が好き。

小3の時、学級文庫に「もものかんづめ」「さるのこしかけ」があり、

なぜか、担任のS先生が「さるのこしかけ」の

「痔の疑いのある尻」の話と、「ミッキーマウスの繁殖力」の話を読み聞かせしてくださったそうです。

小学3年生への読み聞かせに「痔の疑いのある尻」の話とは、どうしてそのセレクトだったのか今となっては謎ですが、ムスメは相当おもしろかったらしいです。

なかなか思い切った選択なさいましたねー。

さくらさんが息子さんに、自分はさくらももこだと教える話も読んでくださったそうなので、
もしかしたら、S先生もさくらさんのファンだったのか
もしれませんね。



久しぶりに、さくらさんの本を読もうと思ったら、


e0218249_17054353.jpeg


「あっ、読みたい」

と、ムスメに取られました (笑)

さくらさんの本に触れてくれるのは、

ワタシも嬉しいので、どうぞどうぞ。

ちなみにおやつは、セブンイレブンのイタリア栗のもんぶらん生どらです。




さくらさんのご冥福をお祈りします。

楽しい作品をたくさん、ありがとうございました。








[PR]
by naminui77 | 2018-09-08 17:13 |