ブッダがせんせい

本屋さんに立ち寄った際、

なんとなく手に取った本。

それが、コチラ↓


e0218249_21164377.jpeg


何も考えずに開いたページが、

心にストンとおちる。

e0218249_21180556.jpeg

e0218249_21182350.jpeg

最近、いい歳こいて、母の言葉を素直に受け入れられなかったことを思い出す。

アー…




引き込まれるように、ページをめくってみると、

日頃、子どもたちに言葉で上手く伝えられないなと思っていたことが

シンプルにわかりやすく書いてありました。





例えば、勉強のこととか。

e0218249_01482176.jpeg

e0218249_01483400.jpeg



e0218249_01511742.jpeg

e0218249_01513652.jpeg






そして、期末考査が近いムスメにも。

コピーして、貼っておこう。

e0218249_02101862.jpeg

e0218249_02102984.jpeg

e0218249_02104211.jpeg

e0218249_02105338.jpeg



小学生向けの本だけに、

小学校のエピソードを交えて、

優しくこどもたちに語りかけるように書いてありますが、

大人にもバンバン響いてきます。


2500年前も、今も、心のありようは変わらないのかもしれないですね。




「わるいこと」ってなに?

「やさしさ」ってなに?

「大切なこと」ってなに?


いろいろな価値観があるでしょうが、

ブッダさんの言葉にふれてみるのもいいがでしょうか。



e0218249_11090955.jpeg

「おうちのかたへ」では、

子どものしつけや心の教育にどう生かしていくかのアドバイスもしてくださっています。



先日、早速、この本から参考にさせていただいて、

子どもたちに、あいさつの話をしました。

みんな、真っ直ぐな眼差しで聞いてくれていたけど、

心に響いたかな? どうかな?(笑)







*****

ところで。

せんせいと言えば。


職場には、よく実習生さんが来られるのですが、

この時期は、中学生さんが「挑戦」という名の、

実習にこられます。


先日も、とある学校から数名来られていたので、

その様子を見に、中学校の先生がいらっしゃいました。

とても爽やかで、愛想がよく、また腰の低い、

感じの良い先生だったので、


中学生さんに、

「とても素敵な先生だね。なかなかイケメンだし。」

と、褒めたら、


(´・_・`)…… こんな感じの真顔になって、


「でも、奥さんも小さい子供もいるし、

30過ぎてるし。」

と、返ってきました。


いや、

ワタシ、どうかなろうかとか考えておりませんが・笑笑



可笑しいーー。(=´∀`)


その頃にしたら、

奥さんと子供がいて、おまけに30過ぎていたら、

もうオジサンなんだね。


ワタシからしたら、全然若いけど。


可愛いなー、中学生さん。





[PR]
by naminui77 | 2018-06-24 03:24 |